昨日よりも愛してる
好きな歌手から食べ物の話しまで浅く広く範囲を広げちゃったブログです。 It's show time ・‥…・・・★  ranking-banner_02.gif



出来るだけ信用の無い企業のリンクやバナーは貼らないようにはしていますが、
クリック後、如何なる事があっても希橋沙耶は一切責任を負いません。
バナー等をクリックする場合は、自己判断・自己責任でお願いします。

とある方のブログにて、「痛く無い歯医者がある」と紹介されていた。
…その歯医者、面接に行った事あります。かれこれ10年以上前。
すげー感じ悪い院長でした。
座っていきなり、「給料13万だけど、少ないと思ったら帰っていいよ。」だって。
少ねえよ。とりあえず話しは最後まで聞きましたが。

考えて見ればさ、半年に一度検診に行けば痛い思いしなくてすむと思わない?
よっぽどの下手くそじゃない限り、どこも「痛く無い歯医者」になれるはず。
確かにさ、歯医者なんて行きたくない所だよ。
自分でほっぽらかしておいて、「痛いの嫌なんですが」とか、
何年ぶりかにいきなり来て「痛いから何とかしてくれ」って、虫が良過ぎる。
何かやろうとすると体がビクッてなって、危ないったらありゃしない人。
「痛いですか?痛いですか?」と大の大人なのに何度も聞く人。

虫歯をつくったのは誰だよ!!!!

…と、言いたい。
「痛くない歯医者」を紹介しついでに書いてあった事。

「予約は一週間待たないと取れない。」

ちょっと考えてみて。
二日に一回取ったら、よっぽど暇なんだって思われるでしょう。
それに、社保や国保から目を付けられたらおしまいだからね。
普通の人に、保険云々言った所で知ったこっちゃ無いでしょうが、
厳しすぎる技官に目を付けられて、いじめ抜かれて自殺した先生、いるんよ。
詳しい話は知らないけど、目を付けられたら最後なんだ。
色んなくそ細かい事まで穿り返される。
誰も助けてくれないらしいよ。同窓会も歯科医師会も。
だから、なるべく一ヶ月の一人辺りの患者来院数をセーブしてる先生もいるんだよ。
信頼している先生の医院がなくなったら、患者さんも困るよね?
その辺、分かって欲しいと思う。
今、本当に保険のルールが厳しいのです。

ちなみに、
本当に人気ある所に比べれば、一週間に一度じゃ暇な歯医者の部類。
沙耶が聞いた話の中で一番長かったのは、一ヵ月後の予約。
いくらなんでも長過ぎでしょ。

一週間のフル予約人数に対して、患者が半分ぐらいでも、
一週間に一度しか入れない所は多いと思う。
勿論、これは沙耶の推測であるが。
所によっちゃぁ月50人以下しか患者が居ない所だって、
今はそれなりに多いそうだ。
歯医者増えすぎだよって事もあるし、患者が来ないって事もあるし。

無論、その人のブログにはコメントしなかったけど、
知らないって怖い事だなと思った。
沙耶だって、他の職種の事分からないし、まぁ仕方ないんだけど。

半年に一度定期健診に行っていれば、
たいがい痛くない治療を受ける事が出来ます。
歯医者に行くのと、痛くなってから痛い治療するの、
天秤に掛けて見てください。

勿論、例外はいつでもありますがねぇ。

ある研究で、刑務所に収監されている人は、虫歯率が低いと発表された。

虫歯とストレスは、かなり関係があるようだ。
刑務所収監者にもよるのだろうけど、
再犯者ほど虫歯は少ないのではないだろうか?

とある歯科関係の第一人者が、海外に留学した時の事。
日本にいたときと同じように磨いてるはずなのに、
歯周病やら虫歯やら、突然出てきたと言う。
彼が考え抜いた結果、留学での極度のストレスが原因だと発見する。

前にチラリと聞いたが、沙耶がこよなく愛する大河ドラマの脚本家の話だった気がするが、
台本を書いた代償に、奥歯を無くした、と言う。
明らかにストレスだろう。

しかし、この話は学会では総無視らしい。
他の権威者にとっては、今までの自分の研究などが意味のない物になってしまうからであろう。
自分の立場と名誉の為に、事実を曲げるのはいかがものか?

しかし、ストレスと虫歯は関係ある事には間違いないらしい。

クヨクヨとよく悩む人と、能天気な人とは、やはりクヨクヨ悩む人の方が虫歯になり易いそうだ。
もちろん、遺伝とかの関係でなりにくい人もいる。

だからと言って、メガティブな人にポジティブになれと言えない。
それはその人の心の問題であり、沙耶自身もかなりネガティブである。

要は、少なくても一年に一度、出来れば半年に一度は検診に来ましょうと言うこと。
半年経てば、歯石も付いてきます。
歯石を放っておくと、炎症を起こしたり、
歯が揺れてきたりします。
揺れた歯は、元の様に戻ることはありません。

C2と呼ばれる虫歯から、神経を取らざるを得ないC3になるまで、
半年ほどかかるそうです。
早く見つければ、通院回数も少なくて済みます。

歯医者が嫌いと言う人に、特に言いたい。
神経を取れば、その一本の歯だけで数回通わなければいけなくなります。
沙耶の所でも最低6回。
3本あれば、最低でも18回掛かります。
もちろん、その他小さい虫歯や歯石などがあれば、
更に回数は増えるでしょう。
神経を取るまでに至らない虫歯なら、一本一回で終わります。
回数は沙耶の働いてる所の目安であり、
医院や虫歯の程度により5回で終われる場合もあったり、
中の状態が結構酷くて、7回8回となる場合もあります。

一週間に一度、もしくは二週間に一度通うとなると、
何ヵ月掛けなければいけないのでしょう。
治療費も、3割で一回たいがい1000円代です。
医院や治療内容によりますけど。
(銀歯を被せると一本3000円前後)

お金の事、時間の事を考えて、どちらがお得か考えてみてください。

意外と知られてない話。

例えば、内科に受診し一週間分の薬を処方されたとする。
その二日後、歯科に受診して薬をもらったとする。

この時内科でもらった薬の存在を言わない人が多い。
薬を滅多に貰わない人や、それなりのお年を召した人に多い話です。

言わないのではないです、言わなければいけない事を知らないんだと思います。
飲んでる薬によっては併用してはいけないものがある事や、
飲んでる薬によっては、
薬を貰ってる科の主治医に相談しなければいけない治療がある事を。

うちの父の話を例に出してお話しましょう。

今年だったと思うが、歯がグラグラすると言い出した。
歯周病の末期だと沙耶でも判断できました。
60を過ぎて、歯が痛い時だけしか歯医者に行かないのですから。
その話は後日。
即日父は歯医者の予約を取り、当日抜歯。
病気のオンパレードな人なので、毎日薬を必ず飲むのだが、
歯科の先生には薬の話しを全く話していませんでした。
抜歯から数時間後、沙耶が仕事から帰宅。
「血が止まらないんだよ。」
そう父は沙耶に言った。
「薬は貰ったの?ガーゼは一時間ぐらい噛んでたの?」
沙耶の問いに、薬は痛い時に飲めと言われた事、
ガーゼは5分ぐらい噛んでれば良いと言われた事を言う。
医院によって対応がマチマチだなと思いながら、
酒を飲んでる事を発見。
「酒はダメって言われなかった?!」
と慌てた沙耶に、「別に」と答える父。
それと、薬を飲んでる事を医者に言ってないと言う。
結局、次の日になっても血が止まらないと言う事で、
医院に電話して、受診する事に。
通常歯周病末期な場合、極端に抜歯が下手くそな先生じゃない限り、
抜歯時間も掛からないし、血の量もたいした事がない。
それでも血が止まらない父の理由は、薬。
飲んでる薬が血をサラサラにする薬で、血が止まりにくくなる作用があるらしい。
それを歯科医に告げないで抜歯してしまったため、
血が止まらないと言う事が起こった。


歯科医院によっては、
久しぶりに行っても、カルテが処分されてない限り問診票を記入して貰わない所があります。
(カルテ処分は最終来院日から5年以上経てばOK)
と、言う事は、その歯科医はその人がどんな病気を最近起こして薬を飲んでるのか、
把握出来てないという事になる。

たとえ問診表を記入しても、
記入した数日後に何処かの科に掛かって薬を貰えば、
当然書いてないので分らないし、
患者が飲んでる薬が分らないと、飲んでる薬の欄に記入しない事もある。

皆さん、薬を飲んでいる時に他の科を受診するとき、
必ず医師に薬名を告げましょう。
今は、処方された時に薬の名前を書いた紙が貰えます。
それを持って来てみせると言う手もあります。

万が一の事を考えて、患者さんの皆さんも御協力ください。

予約の電話で、「保険証がないのでお金出しますから。」と言う人は割りといる。
保険証が無い理由を聞いてみると、
単に支払いが滞ってるからって人や、会社を辞めた直後と言う人がいる。

会社を辞めて、次の就職先が決まってない場合、
国民保険に自動的に加入になる。
しかし、中には国民保険の存在自体を知らない人がいるのだ。
なので、自分は保険がない状態だと勘違いする。
若い人には多いと院長は語る。
親が社会保険に加入してる人なら、なおさら知ってるはずがない。

もう一つ、医療に関わってない殆どの人が勘違いをしている事がある。

「保険がなくて自分で払うのって、いつも払ってた3割の3.3333・・・・倍だよね?」

ち・がーう!!

沙耶も昔は知らなかった事だが、
保険証がない状態で治療をする時の金額は、その医院で勝手に決める事が出来ます。
極端な話し、診ただけで100万とっても全く良いと言う事。
多分医者や看護師、医療事務や歯科衛生士、助手などなど、
その仕事に関わった事がない殆どの人が、
保険証がない場合、10割払えば良いんだろうと思ってるはず。
どこからその発想が来るのか、そう思ってた沙耶自身も分らない。(-_-;ウーン
たいがいの医院は、保険10割×2or3の計算だと院長は語る。
単に診るだけなら初診料180点×10×2or3=3600~5400円。
レントゲンを撮ったり、治療をすれば更に金は掛かる。

国保の証明書を持ってる人は例外として、
(確か、滞納してる人へ発行されるもの)
会社を辞めてすぐ別の所に就職しない限り、
即日国民保険加入の手続きをしておきましょう。
特に歯痛はいきなり来ますから。
風邪のように寝ておとなしく2・3日していれば直るわけではありません。
放っておけば悪くなる一方です。
歯に限らず、足を折るなど、突発的な時の為にもです。
copyright © 2017 昨日よりも愛してる all rights reserved.
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .